開設方法

 

 

口座開設に必要なもの&時間

スマホと身分証明書(免許証など)が口座開設には必要です。

また、申し込みしたのが営業時間内なら当日中に仮想通貨取引を開始するこが可能です。

※現在、仮想通貨ブームで申し込みが殺到して、本人確認や郵送による住所確認に遅延が生じることが多くなっているそうです。
 

新規申し込みから登録完了までの流れ&所要時間

 
    1. 基本情報登録(住所など):10分
    2. 本人確認書類のアップロード:5分
    3. 電話認証(SMS):2分
※ここまで済ませ会社が承認すれば当日中に入金可能。取引も可能になります。ただ出金は不可。
    1. 郵送による本人確認:2日~5日
※郵便を受け取った時点で本人確認が完全に終了です。また出金も可能になります。

Zaif口座開設スタート

「無料会員登録はコチラ」を押す

自分のメールアドレスを入力→届いたメール内のURLをクリック

「利用規約」&「重要項目説明」を一度クリック。元の画面に戻る。チェックを入れる。

※一度、ページを開かないとチェックできないようになっています。
 
 
正直、こんな長い注意事項を読む人なんていないでしょう。覚えて欲しい重大注意事項をワンポイントだけ説明します。
 
 
ハッキングされてあなたの仮想通貨を盗まれても補償はありません
 
 
 
だから「二段階認証」の設定は絶対すること。これさえすれば盗難リスクはかなり減らせます。これだけは忘れないでね。
 
 
では、二段階認証の設定は後回しにして、今は口座開設を済ませちゃいましょう♪
 

希望するパスワードを入力(大文字&数字などを組み合わせ強度51%以上にする)

本人確認手続きスタート

住所などを入力します

※わかると思うので省略します。最後に「変更」を押してください。

本人確認書類のアップロード

使える本人確認書類

以下のものを用意して手続きスタート

  • 運転免許証(裏面も)
  • パスポート(住所記載欄も)
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

※その他の本人確認書類に関しては→公式サイトで

※PCで申し込む場合には、事前にPCに本人確認書類の写真を移しておく必要があります。

※スマホで申込の場合は、アップロードの際に撮影することも可能です。

 
 
スマホで撮影した画像をPCに移動させる方法が分からない人は、スマホからこのページにもう一度来て、申し込んだ方が楽だと思います♪
 

「本人確認」→「本人確認書類」を選択します

希望する本人確認書類の種類を選択

「ファイルを選択」をクリック

既に撮影済みの画像を選択するか、本人確認書類を撮影してください。

※免許証などは縦向きでOK。免許証は裏面も忘れずに。

最後に緑ボタンを押したら完了

Zaif公式サイトを見てみる

郵送確認と電話認証

郵送確認について

郵便が届くのは2日~5日前後です。最近は仮想通貨ブームで混雑しているようです。

手続きは簡単だと思うので解説は省略します。

電話認証について

電話番号を入力したらSMSが届きます。そこに表示されている番号を入力するだけです。

初期登録は終了です

後はZaifが本人確認書類を認証すれば入金&取引ができる状態になります。

 

 

二段階認証

 

二段階認証-設定の流れ

 

  1. Google二段階認証アプリをDLする
  2. ZaifのサイトでQRコードを読み込む
  3. 解除方法&注意点を理解する

Google二段階認証アプリをダウンロード

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

上のリンクからGoogle認証システム(Google Authenticator)をインストールしてください。

2台以上のスマホやタブレットにインストールすることをオススメします(可能であれば)。盗難や紛失対策の為です。

セキュリティ関連アプリだけにデータ移行などはできない仕様になっています。スマホ紛失や、スマホ変更の際には二段階認証を一度解除して再設定しないといけないので面倒だと覚えておいてください(複数台にインストールしてあるとすぐに対応できる訳です)。

信用できない人に二段階認証アプリ、仮想通貨関連アプリを見せないことも大事です。監禁されビットコインをスマホ経由で盗まれるような被害も実際に起きています。

二段階認証の設定スタート

二段階認証のページに移動します

「アカウント」→「二段階認証」を選択

「セキュリティ」→「二段階認証設定」を選択

ページ下の「二段階認証の設定を開始」を選択

※QRコードが表示されるはずです

QRコードを二段階認証アプリから読み込みます

※Android版は、iOS版の下に説明してあります。

iPhone版アプリの場合

設定を開始」を選択

「バーコードをスキャン」を選択

カメラをQRコードに合わせて読み込む

二台以上で利用する方は同じQRコードを読み込んでください。二台とも同じ番号が表示されます。

6桁の数字を入力します

※時間制限があります。切り替わる前に入力が必要です。

設定の終了です。

Android版の場合

アプリを開いたら、右下にある「赤いマーク」をクリックします。

「バーコードをスキャン」を選択

QRコードを読み込みます

二台以上で利用する方は同じQRコードを読み込んでください。二台とも同じ番号が表示されます。

6桁の数字を入力します

※時間制限があります。切り替わる前に入力が必要です。

設定の終了です。

 

バックアップコードの管理について

一台しか認証アプリを登録していない人は、念のためにバックアップコードを印刷orスクリーンショットを撮っておくことをオススメします。

二台以上インストされた方は保存の必要性は少ないでしょう。

 

二段階認証の解除・停止の方法

二段階認証の6桁番号を入力して停止ボタンを押すだけで、二段階認証設定を解除できます。

解除の設定ページへ

二段階認証アプリ番号も、バックアップコードも全て紛失した場合は?

Zaifのサポートに解除をお願いしましょう。

※身分証明の必要があります。会社側の指示に従ってください。

スマホの機種変更をしたい

スマホ一台にしかGoogle認証アプリを入れていない場合は、Zaifで一度設定を解除してください。その後、新しいスマホで二段階認証を再生設定してください。

二段階認証の解除の方法は

二段階認証の注意点など

どの取引所でも必ず利用しよう

仮想通貨の盗難って本当に多いです! そして多くの方が二段階認証を面倒くさがってしていないことが多いんです! 二段階認証は絶対に必要です!

海外の取引所を利用する際は、二段階認証の解除方法を理解しよう!

海外の取引所は当然全てが英語。スマホを紛失して二段階認証を解除できなくなったなどのトラブルが発生した場合に、簡単に解除してくれるとは限りません。日本の取引所のようにはいかないことが十分考えられます。

そこで、「もし紛失したら? どうやって解除するのか?」をキチンと理解してから利用しましょう。取引所毎に色々なパターンがあるので、ネットで調べるなりしてから利用してください。

海外の取引所の送金と、二段階認証を解除できなくなった系のトラブルをよく聞きます。

 

 

入金方法

 

Zaif – 入金の方法

※クリックすると該当場所まで飛びます

 
銀行振込だと平日9~15時に振り込めば反映されるまで30分前後かな! すぐ終わりましたよ! ※住信SBIネット銀行に関してはリアルタイムで反映します!
 
 
 

銀行振込だと土日は休みなので反映されません!

急ぎたい方はペイジー入金orコンビニ入金を選びましょう! 入金の反映もすぐです!

 
 
 
価格が急上昇している時は、様子を見た方が良いこともあるからね。急上昇の後は急降下することが多いので気をつけてね。
 

 

 

Zaif – 銀行振込の方法

「取引」→「入出金」と進みます

「日本円の入出金と履歴」→「入金」→「銀行振込」と進みます

希望する金額を入力します

「識別コード」が与えられる

識別コード

上の画像のような「識別コード」が各自に与えられます。

※人により識別コードは違います

お持ちの銀行口座から振り込んでください。ネット振込が可能ならネットが楽かと思います。

銀行振込の際に「識別コード」を自分名前の後ろに記入する

銀行振込 名前

ネット銀行などで、自分の氏名の後に「識別コード」を追記してください

例: ザイフ タロウ 12399

※名前の後のスペースに注意

振込後の入金額の反映は1時間前後

※混雑具合によります。Zaifは他社より入金額の反映は早い気がしますね。

 公式サイトへ移動する

 
これにてお終い!
 

ペイジー入金

お持ちの銀行口座が「ペイジー対応銀行」なのか確認します

【公式】ペイジー対応-金融機関一覧

※ここではインターネット振込を前提に説明します。ATMの場合はコンビニなどにいってやる必要があります(セブン不可)。

「取引」→「入出金」を選択する

「日本円の入出金と履歴」→「入金」→「ペイジー」を選択

ペイジー 入金

入金金額を入力する

個人情報を確認する

ペイジー 個人情報

「決済情報」が表示される。この情報を銀行のペイジー決済に入力する。

上の画像が出てきます。お持ちの銀行口座のネットバンキング内にある「ペイジー決済」に情報を入力してください。

※ネットバンキングの「決済サービス」など一覧の中に「ペイジー(pay-easy)」があることが多いです。

 
 
後はわかると思います。困ったらZaifのヘルプページも参考にね。
 

コンビニ入金

「取引」→「入出金」を選択する

「日本円入出金と履歴」→「入金」→「コンビニ入金」を選択

入金金額を入力

個人情報を確認。

希望のコンビニを選択

 
各コンビニにより操作方法が違いますので、支持に従ってください。
 

Zaif – 入出金の手数料(銀行振込・コンビニ入金・ペイジー入金)

 

 

出金方法

 

Zaifで利益確定したり、日本円が必要になったりしてご自身の銀行口座や他のウォレットに日本円や仮想通貨を移したいとなれば、出金申請をしなくてはなりません。

結論を言えば、そこまで難しい作業ではないのですが、はじめての方は少し分からないことがあったり、不安があったりするでしょう。

今回はZaifの出金方法についてお伝えしていきます。

Zaifの出金方法には大きく分けて2種類あり、

  • 1つが日本円を銀行口座に出金する方法
  • もう1つが仮想通貨を他のウォレットなどに出金する方法

です。実際にやりながら、分からないところがあれば参考にしていただければと思います。

 

Zaifiから日本円を出金する方法

まずは、日本円を銀行口座に出金する方法についてご説明しています。

ログインして出金のページに行く

Zaifの入出金のページは、少しわかりにくいのですが

フッターの『入出金』、もしくは『アカウント』に一度行っていただいて、そこから『入出金と履歴』のタブをクリックしてください。

これで、入出金のページに飛びます。

真ん中の『出金』から出金申請をすることが可能です。

日本円出金には銀行口座登録が必須

それでは、実際に出金申請をしてみましょう!の前に…、振込先の銀行口座を登録しておかないと出金申請を進めることができません。銀行口座を登録をしなくて難なく仮想通貨の取り引きができるので、出金まで登録していない方も多いでしょう。

登録がまだの方が出金しようとすると、「先にこちらから出金口座の登録お願いします。」と注意書きが出てきますので、そこのリンクから銀行口座を登録してください。特に難しいことではないので、こちらの説明は省きます。

銀行口座登録の注意点

Zaifに登録した人物と同じ名義の口座を登録しましょう。試したことはないので何とも言えないのですが、一致していないとおそらく面倒な事態になるはずです。なにかの事情で名義が違ってくる方は事前にZaifサポートセンターに問い合わせてみてください(滅多にいないと思いますが)。

日本円の出金方法

銀行口座を登録したのなら、実際に出金申請をしていきましょう。

このように登録した銀行口座が表示されるようになっていますので、出金先が間違っていなければそのまま入金額を入力して、「ロボットではありません」にチェックを入れましょう。

銀行口座を複数登録した方は選択することもできます。

著者は日本円の残高が18円しかなかったので(汗)、ちょっとそちらで試してみます。手数料がかかるので十中八九残高不足になると思いますが…。

やはりだめでした…。ということで、手数料+出金額がZaifにある日本円残高を超えない範囲内で出金額を決めましょう(手数料については後述します)。

まあ、後は「これで出金して大丈夫か?」という確認作業なので、問題なければ「はい」をクリックして進んでいくだけです。

Zaifから仮想通貨を出金する方法

Zaifからの出金方法にはもう一つ、仮想通貨を他のウォレットなどに出金する方法があります。

先ほどの入出金の画面に戻りましょう。円マーク以外の仮想通貨マークをクリックすることで、出金したい仮想通貨を選択して出金作業に進むことができます。

  • 外部ウォレットなどの出金用アドレス
  • メッセージ(基本的に任意ですが、送り先によっては必要な場合も)
  • 出金額(単位は選択した通貨の単位です)

を入力し、「ロボットではありません」にチェックし、『出金』でOKです。後は、確認されますので、問題なければ指定したアドレス宛に送金されます。

手数料は自動的に出て来てくれますので、分かりやすいですね。

■Zaifの出金手数料まとめ

出金手続きの途中でそれぞれ手数料が親切に記載されてはいますが、こちらではZaifの出金手数料をまとめました。

日本円の出金手数料

50万円未満の出金 350円
50万円以上の出金 756円

Zaifから日本円を出金する際の手数料は、1回あたり以上の手数料がかかります。これは他の取引所と大差はありません。

出金のたびに手数料が発生しますので、その点には注意です。例えば、1万円を出金したとすれば3.5%が手数料です。日々チャートを見ている方は分かると思いますが、3.5%という割合は結構大きいですよね。計画的に行いましょう。

仮想通貨の出金手数料

ビットコイン 0.0001BTC~
NEM 2XEM~
モナコイン 0.001MONA
ビットコインキャッシュ 0.001BCH
イーサリアム 0.01ETH
トークン 0.0042BTC

トークンがかなり手数料が高くて、イーサリアムが若干高めなのですが後は100円未満なので、そこまで気になる金額でもないと思います。

  • トークン→1BTC=65万円とすると2,730円
  • イーサリアム→1ETH=3万5,000円とすると350円

Zaifで出金申請してから反映されるまでのスピード

お金を動かすことになりますので、実際に銀行口座に反映されるまでが不安ですよね。Zaifの出金速度はれほどのものでしょうか。

日本円出金の場合

日本円出金の場合、銀行口座に振り込まれる形になりますので、銀行の営業日・営業時間に影響されます。11時までに出金申請をすれば当日中に反映されるようですが、それ以降ですと翌営業日まで反映されません。

また、土日祝は銀行も営業時間外なので何時に申請をしても翌営業日まで(月曜日や祝日明け)かかってしまいます。

ただ、他の取引所では何時に申請しても翌日以降になってしまうところもあるので、十分に速い方ではないでしょうか。計画的に出金申請をするようにしましょう。

仮想通貨送金の場合

仮想通貨の場合は種類にもよりますが、だいたい1時間以内には送り先に反映されます。土日祝日や時間帯も関係ありません。これは仮想通貨の優れたところですね。

まとめ

いかがでしょうか。Zaifからの出金は非常に簡単です。手数料や反映のスピードを頭に入れて計画的に出金申請を行いましょう。

後は、仮想通貨で大きく利益が出てきたという方は、税金も関わってくる場合がありますので、その辺もきちんと把握しておきたいですね。