ビットフライヤーでビットコインなどを売買するには、まずは登録から済ませなければなりません。しかし、ビットフライヤーへの登録はとても簡単なので、こちらのページをご覧になりながら登録を完了させてみてください。

また、実際にビットコインなどの売買を始めるには、登録だけではなく本人確認も完了させてビットフライヤーからハガキを受け取らなければなりませんから、本人確認完了までを手引書としてまとめました。

 

ビットフライヤーの登録方法と必要なモノ

それでさっそく、ビットフライヤーの登録手順と登録するにあたって必要なモノをご説明していきます。繰り返しますが、超簡単なのでここでチャチャっと終わらせてしまいましょう!

ビットフライヤーの登録に必要なモノ

まず、ビットフライヤーに登録するにあたって、以下のものが必要になります。ほとんどの方がすでに持っていると思います。

  • 受信できるメールアドレス
  • Facebookアカウント
  • Yahoo!ID
  • Googleアカウント

これらのいずれかを持っていればOKです。

また、その後の本人確認のために

  • SMS受信可能な電話番号
  • 身分証明書

が必要になりますので、併せて用意しておくと良いですね。

 

ビットフライヤーに登録するまでの流れ

ビットフライヤーに登録するには

  1. メールアドレスの入力
    or各SNS等のアカウントからアクセス
  2. メールを受信
  3. キーワードを入力
  4. 登録完了!

非常に簡単なのですが、以下では画像を踏まえながらご説明していきます。

 

■登録画面からメールアドレスを入力

まずは、ビットフライヤーの登録画面にアクセスして、メールアドレスやSNS等の入力をしましょう。ビットフライヤーの登録画面には下のボタンからアクセスできます。

bitFlyerに登録する

 

上のような画面のリンク先に飛びますので、メールアドレスを入力するか「Facebookでアカウント作成」「Yahoo!IDで作成」「Googleで作成」いずれかのボタンをクリックします。

■メールを受信

入力したメールアドレス、もしくはFacebook・Yahoo!・Googleアカウントと紐づくメールアドレスにビットフライヤーから以下のようなメールが送られてきます。

②にログイン用のキーワードが書かれていますので、こちらをコピーしておきましょう。

■キーワード入力してログイン|登録完了!

ビットフライヤーの画面に戻ると、上のようなポップアップが出ていると思いますので、そちらに先ほどのキーワードを貼りつけて(入力)ください。

もしも、ポップアップが出ていないようでしたら、メールに添付された①のURLからアクセスしてください。

キーワードが正しければ登録完了です。簡単ですね。次回からは、ビットフライヤーのログイン画面から③メールアドレスと④パスワードを入力すればログインすることが可能です。

■ビットフライヤーのログインパスワードは自動発行

ビットフライヤーのログイン用パスワードはランダムで自動発行されます。当然ですが、他の人には絶対に教えずに、忘れないようにデジタル・アナログ・画像など、複数の方法でパスワードを大事に管理していくようにしましょう。

もしも、発行されたパスワードを変えたいようでしたらメールに添付された⑤のURLから変更することも可能です。

パスワード変更時の注意点

仮想通貨取引所は、あなたの大事な資産を保管しておく場所でもあります。もしも別のアカウントなどからパスワードを知られてしまうと、ビットフライヤーに不正アクセスされて大切な資産を盗まれる危険性が高まります。

  1. パスワードの使い回しはしない
    「パスワードをすぐに忘れてしまうから」と、パスワードの使い回しをする人がいますが、ビットフライヤーのパスワードだけは絶対に使い回ししないようにしましょう。
  2. 分かりやすいパスワードにしない
    また、生年月日や「123456」「password」などの単純で情弱なパスワードに設定することもNGです。

 

ビットフライヤー登録後のアカウントクラスについて

どうでしょうか?ビットフライヤーに登録できましたか?非常に簡単ですよね。登録後にビットフライヤーにログインしてみて気になるとことがありませんでしたか?アカウントクラスというものです。

パソコンでビットフライヤーにログインしてみてホームに入ると、右下に『アカウント情報』というものが載せられています。登録してすぐは『ウォレットクラス』というクラスになっていますが、これを『トレードクラス』までレベルアップさせましょう。

ウォレットクラスとトレードクラスの違い

ウォレットクラスとは、その名の通りウォレット(財布)の機能しか持ち合わせておらず、仮想通貨の売買(トレード)をするには、トレードクラスにしなければなりません。詳しくは以下の表をご覧ください。

  ウォレットクラス トレードクラス
仮想通貨の預入・送付
仮想通貨の売買 ×
日本円の入出金
bitWire/ビットコイン決済
Lightning Futures 現物
FX
Futures
仮想通貨の最大送付・決済額 10万円 無制限

トレードクラスに引き上げる方法

ビットフライヤーのアカウントクラスをトレードクラスにまで引き上げるためには、

  • 本人情報提出
  • IDセルフィー提出
  • 電話番号認証
  • 銀行口座情報確認
  • 確認ハガキの受け取り

を済ませなければなりません。少し面倒かもしれませんが、平成29年4月から始まった仮想通貨に関する法律により、仮想通貨がマネーロンダリングなど悪用されないためにも本人確認が厳しくなりました。

仮想通貨の発展向上のためにも、多少面倒ですが本人登録を済ませていきましょう。本人登録を完了させる方法は次の項目でご紹介していきます。

 

ビットフライヤーに本人確認方法する方法

それではこちらの項目では、ビットフライヤーでの本人登録を完了させるまでの手順をご説明していきます。本人確認完了してハガキを受け取ることでやっとビットフライヤーで仮想通貨を購入することが可能となります。

本人確認を完了させるためには

  1. 個人情報提出
  2. IDセルフィー提出
  3. 電話番号認証
  4. 銀行口座情報確認
  5. 取引目的の入力
  6. 確認ハガキの受け取り

それぞれの項目を進めるためには、『アカウント情報』のところの『未入力』『未提出』などの赤ボタン(青ボタン)をクリックすることで入力・提出画面へと切り替わります。

それでは、それぞれの項目について説明していきます。

個人情報の入力

個人情報の入力は、

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号・住所
  • 電話番号

を入力します。個人情報入力で特段に難しいところはありませんが、注意点として『電話番号=のちに電話番号認証で使うものと同じにする』と『住所=のちに提出する身分証明書とハガキを受け取れる住所と同じにする』には気を付けましょう。

身分証明書とIDセルフィーの提出

個人情報を入力したら、身分証明書とIDセルフィーを提出しましょう。身分証明書は画像ファイルを送信します。また、IDセルフィーとは提出する身分証明書とあなたが一緒に写っている画像のことです。

どのような写真を用意すればいいのかは、入力画面に参考例が載せられているので難しいことではありません。また、嘘を記入する人もそんなにいないでしょうが、上記の個人情報入力で入力した氏名・生年月日・住所が一致しないと承認されないことが考えられますので、個人情報入力時点できちんと確認しておきましょう。

身分証明書として使えるもの 必要になるページの写真
運転免許証 両面
パスポート 顔写真/住所
マイナンバーカード 表面(顔写真付き)
住民基本台帳カード 両面(顔写真付き)
各種健康保険証 表面/住所
各種年金手帳 平成9年以降は住所記載がないのでNG
各種福祉手帳 住所・氏名・生年月日のページ
印鑑登録証明書 発行日から6ヵ月以内
住民票の写し 発行日から6ヵ月以内/発行された全ページ
在留カード 両面
特別永住者証明書 両面

電話番号によるSMS認証

個人情報提出とは別に電話番号によるSMS認証も終わらせておきましょう。項目が多いのであまり乗り気にはなりませんが、一つ一つは簡単ですのでここで一気にやってしまいましょう。

電話番号によるSMS認証も非常に簡単です。電話番号を入力し、その電話番号のSMS認証に送られてきた確認コードを入力して完了です。

銀行口座情報入力

同じく日本円の入出金に使う銀行口座の情報も入力しておきましょう。ビットフライヤーでは、三井住友銀行であれば出金手数料が安くなりますので、三井住友銀行の口座をお持ちでしたら三井住友銀行で登録しておくことをおすすめします。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 名義

を入力するだけですから、こちらもそこまで難しいものではありません。

取引目的の入力

取引目的の入力はビットフライヤーをどのような目的で利用するかの確認項目ですが、チェックするだけですので非常に簡単ですので、こちらでは説明を省きます。

本人確認完了のハガキを受け取る

個人情報を入力したのであれば、本人確認のためのハガキをビットフライヤーから送られます。書留郵便なので、ハガキを受け取らなくてはなりません。ハガキを受け取れば、これにてビットフライヤーの本人確認は完了となり、ビットフライヤーで仮想通貨の売買が可能となります。

ハガキの到着は状況にも寄りますが、大体2~3営業日で提出した住所あてに送られてくるかと思います。

※このようなハガキを受け取って完了です。

まとめ

いかがでしょうか。ビットフライヤーへの登録はとても簡単なので、まだの方は下のボタンをクリック(タップ)して、リンク先から登録してみましょう。

また、登録しただけでは仮想通貨の売買がまだできない状態ですので、今回お伝えした本人確認まで一気に完了させるといいですね。項目は少し多いですが、一つ一つの確認作業は簡単なので、まずは一つ終わらせてしまいましょう。

本人確認提出も早ければ10分程度で終わりますが、ハガキを受け取って完了するまでは2~3営業日お待ちください。トレードクラスになればビットフライヤーでの仮想通貨の売買もできるようになりますから、ぜひ今回の記事をきっかけに仮想通貨の売買を始めていってください。

 

二段階認証について

 

まずは、通常通り、メールアドレス・パスワードを入力してログインしましょう。

ログインすると、ホームの画面が出てくると思います。ホーム画面のアカウント情報欄を見てみると・・・、

まだ何も設定してない状態だと「二段階認証 未設定」という赤い表示があると思います。この赤い部分をクリックします。

このような画面に切り替わるので、矢印の「二段階認証設定を変更する」ボタンをクリックします。

このような画面が出てきて、「確認コードを登録のメールアドレス宛に送信しました」というメッセージが表示されます。この画面は開いたまま、別タブなどで受信BOXを開き見てみると・・・、

こんなメールが来てます。本文の中に「確認コードは○○○です」という風に、数字がかかれてあると思いますので、その数字をコピーします。そして、先ほどの(開いたままの)ビットフライヤー二段階認証設定画面に戻ります。

矢印部分の枠に先ほどコピーした確認コードを貼り付けて「次へ」ボタンをクリックします。

まずは、①の確認コードの取得方法を選択します。

これは、どういった手段で確認コードを受け取るかというのを選ぶ作業です。二段階認証とは、通常の「メアド・パスワード」入力の後にもう一段階「確認コード」を入力してログインする方法ですが、その確認コードをどういう手段で受け取るかをここで選択できます。上の画像では「メールで受け取る」にチェックを入れてあります。

初めての方はこの「確認コード取得方法」をどれにしたらいいか分からない思うので、それぞれどういう特徴があるのが具体的に説明しておきますね。

②については、全てにチェックを入れておくのが一番安心だと思います。

 

認証アプリを使う

「認証アプリを使う」を選択した場合は、お使いのスマホなどに認証アプリをインストールして、そのアプリからQRコードを読み取って確認コードを取得するという手順になります。

認証アプリで有名なのはGoogleが提供している「Google Authenticator」ですね。

こういうやつです。お使いのスマホからインストールをしておきましょう。

iPhone版「Google Authenticator」
Android版「Google 認証システム」

でアプリ検索したら出てくるはずです。

インストールが完了したら、先ほど開いていたビットフライヤーの確認コード取得方法を選択する画面に戻り、

矢印の「認証アプリを使う」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックします。すると、次のような画面に移動します。

この画面は開いたまま一旦置いておいて、先ほどインストールした「Google Authenticator」アプリを起動しましょう。

インストールして最初に起動したら、

こんな画面が起動すると思います。

「設定を開始」をタップしましょう。

GA-shokigamen2

次に、「バーコードをスキャン」をタップしましょう。

ちなみに、今までGoogle Authenticatorを一度でも使ったことがある人は、

確認コード生成アプリ

起動画面が↑のようになっていると思うので、矢印の「+」マークをタップしましょう。すると、

バーコードをスキャン

こんな表示が出てきますので、矢印部分の「バーコードをスキャン」をタップします。

ここから先は、初めての人もそうじゃない人も同じです。

「バーコードをスキャン」をタップすると、アプリ内のカメラ機能が立ち上がります。

Google Authenticator

こんな感じのカメラ画面です。

このカメラの中にある緑の四角に、ビットフライヤーページに表示されているQRコードを写し入れ読み込みます。

すると自動的に確認コードがアプリ内に表示されます。

こういう風に表示されますので、この確認コード(数字)を、

ここに入力し、「二段階認証を設定する」ボタンをクリックします。これで、認証アプリによる二段階認証の設定は完了となります。

ちなみに、ここで一度QRコードを読み取ってしまえば、確認コードはGoogle Authenticatorに保存されるので、ログインの度にQRコードを読み込まなくても大丈夫です。

次回から、ログインするときはスマホでGoogle Authenticatorを起動して、確認コードをチェックしたらいいのです。

といっても、確認コードは一定時間のみ有効で毎回変わるので、ログインの度にGoogle Authenticatorを起動して「今の確認コードはどうなってるか」を確認しないといけません。

先ほど見ていただいた、Google Authenticatorの確認コードが表示されている画面ですが、矢印部分を見てみるとタイマー表示があるのが見て取れます。これは、「この確認コードは一定時間有効」ということを表しています。このタイマーがゼロになると、また新しい確認コードが生成されて表示されるようになっています。

 

携帯電話のSMSで受け取る

これはそのままですね。携帯電話のSMSメッセージで確認コードを受け取るという方法です。SMSとは、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができるもので、携帯電話を所持してる本人しか確認コードを受け取れない点でセキュリティ面で優れていると言えます。

 

メールで受け取る

これもそのままです。ビットフライヤーに登録してあるメールアドレス宛に確認コードが送られるという方法です。

この方法は、万が一他人が登録のメールアドレス情報を盗んでいた場合、二段階認証のセキュリティは簡単に突破されてしまいます。そういう意味で多少心配ですが、二段階認証を設定しないよりは安心かと思いますので、その辺はご自身の判断で使いやすいものを設定してみてください。

 

とまあ、認証アプリ中心に説明してしまった形になりますが、ビットフライヤーは認証アプリやSMSでの確認コード受け取りを推奨しています。その方がよりセキュリティ面で安心とのことです。

 

暗証番号(四桁)の設定

二段階認証の設定が完了して画面を次に進めると、暗証番号の設定を求められます。(暗証番号を既に登録されている場合はこの項目は飛ばして構いません)

こういう画面が出てくると思うので、「続けて暗証番号(4桁)を設定する」ボタンをクリックします。

注意事項をよく読み、お好きな番号を4桁入力して「設定する」ボタンをクリックします。

これで暗証番号の設定も完了しました。この暗証番号の設定が完了すると二段階認証の設定も正式に完了となります。すると、

ビットフライヤーのホーム画面にあるアカウント情報の「二段階認証」も、先ほどまでは赤かったのに「設定済み」になって無色になっています。これを確認できたら完了です。

 

スマホでの二段階認証設定方法は?

スマートフォンでも設定方法はほぼ同じです。まずは、スマホからビットフライヤーのアプリにログインしておきましょう。

矢印部分の「アカウント」をタップします。

矢印の「設定」をタップします。

矢印の「二段階認証」をタップします。

あとは、PC版と同じように上から順番に設定していけばOKです。簡単ですね。

 

 

二段階認証を使ったログイン方法は?

さて、二段階認証の設定が完了したので、実際にどういうログイン方法に変わっているのか見ていきましょう。

まずは、ビットフライヤーのいつものログイン画面ですね。

普通に、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。すると、次のような表示が出て来ます。

確認コードの受け取り方法をどれに設定したかによって若干変わってきますが、いずれにしても、受け取った確認コードを上の画像の枠内に入力して「確認」ボタンを押せばいいだけです。

 

認証アプリで受取の設定した場合

スマホに入っているアプリ内に確認コードがあります。

SMSで受取の設定をした場合

SMSメッセージで確認コードが送られます。(ログイン時に、SMS=携帯番号宛に確認コードを送信する手順があります)

メールで受取の設定をした場合

ビットフライヤーに登録されているメールアドレス宛に確認コードが送られます。(ログイン時に、登録メールアドレス宛に確認コードを送信する手順があります)

 

これで二段階認証でのログインが完了するわけです。

セキュリティ面も今までよりは安心ですね。

 

スマホの機種変や買い替えの時は注意!二段階認証の解除方法

上記で説明した「Google Authenticator」アプリをスマートフォンにインストールして確認コードによる二段階認証を設定している場合は注意が必要です。

スマホを買い替えたり、機種変更をする場合は、一度二段階認証設定を解除してから新しいスマホに「Google Authenticator」をインストールして、再度ビットフライヤーの方で二段階認証の設定をし直さないといけないんです。

 

二段階認証の解除方法

まずは、以下の順番で画面を進めていきましょう。(PC版の画面になります)

二段階認証解除方法

①設定
②セキュリティ設定
③二段階認証設定を変更する

つぎに、

二段階認証解除方法

こんな画面になるので、通常通り、スマートフォンのGoogle Authenticatorアプリを起動してコードを確認し、上記画面の枠に入力します。

2段階認証解除方法

つぎに、①の「メールで受け取る」にチェックを入れます。これで、Google Authenticatorアプリからの二段階認証の設定が解除になります。(SMSで受け取るでもいいですが、メールで受け取る設定の方が一般的かなとおもいます)

チェックを入れ終わったら、②の「次へ」ボタンを押します。

すると、登録のメールアドレス宛に確認コードが自動送信されますので、そのメールを確認します。

bitFlyerからのメール

こんなメールが届いてると思います。ここに買いてある確認コードを・・・

2段階認証解除方法

枠内に入力し、「二段階認証を設定する」ボタンをクリックします。

これでGoogle Authenticatorアプリからの二段階認証設定は解除されます。

あとは、新しいスマホをゲットしたら、新しいスマホに入っているGoogle Authenticatorアプリから上記と同じように二段階認証を設定したらいいだけです!

流れを図にしますね。

二段階認証解除の流れ

 

  1. 一旦Google Authenticatorアプリによる二段階認証の設定を解除する。
  2. 現在使用中のスマホを解約。
  3. 新しいスマホを契約する。
  4. 再度Google Authenticatorアプリでの二段階認証を設定する。

こういう流れですね。

 

まとめ

以上、ビットフライヤーでの二段階認証の設定方法について解説してきましたが、多少面倒でも絶対に設定しておいた方がいいです。

二段階認証で完璧に安全になるというわけではないですが、かなりの危険を防げると思います。

 

 

入金について

 

ビットフライヤーの入金方法

それではさっそく、ビットフライヤーの入金方法を確認していきましょう。ビットフライヤーの入金方法は、大きく分けて3つあります。

  • 銀行入金
  • クイック入金
  • 仮想通貨入金(預入)

入金画面に進むには、サイドバーにある『入出金』の項目をクリックします。

スマホアプリの場合、『アカウント』→『入金』の順でタップします。では、それぞれの方法をご説明していきます。

銀行入金

一番オーソドックスな入金方法です。ビットフライヤーから指定された銀行口座に日本円を振り込みます。すでに銀行口座情報を登録しているかと思いますので、登録した銀行口座から振り込むようにしてください。

「三井住友銀行」か「住信SBIネット銀行」に振り込みます。振込先名義はどちらも『カ)ビットフライヤー』となっています。

銀行入金は、銀行の営業日・営業時間に影響されます。土日や遅い時間帯であれば翌営業日に入金が反映されますので、時間帯によってはクイック入金を検討してもいいでしょう。

クイック入金

24時間365日入金可能な方法です。最速でビットフライヤー内に入金額が反映されますので、狙っていた仮想通貨の価格が下がった時など、急いで入金したいときにおすすめです。しかし、クイック入金には1回『324円』の入金手数料が発生しますのでご了承ください。

クイック入金の方法は、

  • インターネットバンキングから
  • じぶん銀行・住信SBIネット銀行から
  • 銀行ATMから
  • コンビニから

入金をすることが可能です。

クイック入金の画面は上のようになっていますので、まず入金額を入力して、次に4つの入金方法を選択しましょう。各入金方法はそれぞれの項目に進んでいくと説明が書かれています。難しいものではありませんので、説明に従いながら入金手続きを進めていって下さい。

仮想通貨入金(預入)

ビットフライヤーでは、ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨(BTC・ETH・LTC)を他のウォレットなどから入金することも可能です。この場合、送り主に手数料がかかります(通貨によって違いますので次項で説明します)。

仮想通貨を送りたいウォレットなどから、QRコードをスキャンするか、仮想通貨に割り振られたアドレスを入力して入金します。不正な送金が行われないために審査が入りますので、1時間~数日の時間がかかってしまいます。

 

ビットフライヤーの入金手数料

ビットフライヤーに入金する場合、方法によっては手数料がかかることがありますので、こちらの項目でまとめました。

日本円入金の手数料

〇銀行入金手数料は0円

銀行入金の手数料は無料です。しかし、銀行に支払う振込手数料(200~500円ほど)は発生しますのでご注意を。

〇クイック入金手数料は324円

クイック入金の手数料は方法に限らず324円です。これは、1回あたりの金額で、何度もクイック入金をすると無駄な出費になるので、計画的に入金するようにしましょう。

仮想通貨入金の手数料

各仮想通貨の入金手数料は以下の通りです。

  手数料 日本円換算
ビットコイン(BTC) 約0.0001BTC 約25円
イーサリアム(ETH) 約0.0001ETH 約3円
ライトコイン(LTC) 約0.016LTC 約80円

その時の価格にもよりますが、およそ数円~数十円というほどの非常に安い手数料です。

 

ビットフライヤーが入金されるまでのスピード

こちらでは、入金作業を行い実際にビットフライヤー内に入金されるおおよその時間をまとめました。

銀行入金反映までのスピード

銀行入金は銀行の営業日との兼ね合いもあるため、タイミングによっては、翌日・翌営業日に入金されることがあります。平日の正午までに入金すれば当日中に反映される可能性も高いのですが、それ以降であれば翌日~翌営業日に反映されるかもしれないことを頭に入れておきましょう。

クイック入金反映までのスピード

クイック入金は24時間365日受け付けていますので、基本的に当日中に反映されます。数時間程度で反映されるでしょう。

仮想通貨入金反映までのスピード

仮想通貨入金はセキュリティー上、ある程度の時間がかかる可能性があります。短くても1時間はかかり、長ければ翌営業日になることもあります。

なかなか入金されない場合はサポートセンターに問い合わせ

「どうしても数日経っても入金が反映されない」という場合は、ビットフライヤーのサポートセンターに問い合わせてください。氏名とメールアドレス、アカウントIDと入金に利用した口座情報を記載してサポートセンターにメールを送信しましょう。

ビットフライヤーの出金方法

ビットフライヤーに入金したのであれば、最終的にビットフライヤー内の日本円をあなたの銀行口座に出金しましょう。出金の場合、以下のような出金手数料がかかりますので、こちらも計画的に出金しましょう。

  出金額3万円未満 出金額3万円以上
三井住友銀行 216円 432円
三井住友銀行以外 540円 756円

出金方法も簡単。出金もすでに登録済みの銀行口座に対して行うことが原則です。登録済みの口座で問題なければ、そのまま出金額を入力して「日本円を出金する」をクリックします(出勤前に出金額を日本円に換えていなければなりません)。

 

 

出金について

 

ビットフライヤーの出金方法

それでは、さっそくビットフライヤーの出金方法をお伝えしていきます。パソコンorスマホ(アプリ)からのどちらからも出金可能ですので、それぞれご説明していきます。

パソコンから出金する

まずは、パソコンでの出金方法です。

ビットフライヤーにログインしていただくと、上図のようなサイドバーが出ているかと思いますので、その中から『入出金』をクリックしてください。

メインの部分上部に上図のような選択項目が出てきますので、『日本円ご出金』をクリック。

すでに登録済み銀行口座情報が載せられていますので、振込先がそちらで問題なければ出金額を入金して「日本円を出金する」をクリックしましょう。二段階認証の設定がされていなければこれで出金申請完了です(二段階認証の場合の手順は後述します)。

パソコンサイトでは、あらかじめ登録した銀行口座以外への出金も可能です。その場合①のところにある「銀行口座情報を追加する」から、振込先の口座情報を登録してください。

スマホアプリから出金する

ビットフライヤーのスマホアプリをご利用中の方は、スマホアプリからの出金も可能です。

まずは、メイン画面にある「アカウント」をタップしましょう。

項目がいくつか出てくるので、「出金」をタップ。

スマホアプリもすでに登録してある銀行口座情報が載っています(アプリからは別の口座へ変更はできません)ので、そちらへの振り込みで問題なければ、「ご出金額」をタップして出金額を入力します。そして、右上にある「出金する」を入力すれば完了です。

二段階認証についてはお次でご説明します。

出金時の二段階認証は設定しよう!

ビットフライヤーの出金では、二段階認証を設定することができます。結論を言いますと、出金時の二段階認証は設定してください(デフォルトで設定されているかと思います)。二段階認証とは、簡単に言うと仮にあなた以外の何者かがビットフライヤーにアクセスして出金をしようとしても未然に防ぐことができるのです。

〇二段階認証の場合の出金手順

二段階認証が設定されている状態で上記のパソコン・スマホそれぞれの完了のところまで進んでいただくと、最後に二段階認証のメールがビットフライヤーで登録してあるメールアドレス宛に届きます。上のようなメールです。

パソコンの場合、上のようなポッポアップが出てきます。

スマホだとこのような入力画面に切り替わります。

こちらに先ほど届いた6桁の認証コードを入力してください。認証コードが一致していれば出金申請完了となります。ひと手間増えますが、セキュリティ向上のためにも二段階認証は設定するようにしましょう。

〇二段階認証の設定方法

それでは、万が一まだ出金時の二段階認証が設定されていない方は、これを機に二段階認証を設定しておきましょう。

パソコンのホーム画面に入ると、右下にアカウント情報というものが載っています。こちらの「二段階認証」の項目をクリックしてください。

クリックすると、セキュリティ設定の画面に飛びます。設定は簡単。「日本円の出金時に二段階認証を使用する」にチェックを入れるだけです。また、認証コードの受け取り方も以下の3つから設定できます。

  • メールで受信
  • SMSで受信
  • アプリで設定

やりやすい方法を選択してください。

 

ビットフライヤーの出金手数料

いかがでしょうか。ビットフライヤーの出金方法はお分かりいただけましたか?

そこまで難しいものではないので、併せて二段階認証は設定しておくことを強くおすすめします。ビットフライヤーに限りませんが、仮想通貨の取引所から現金を出勤する際に注意すべきところがあります。出金手数料です。

現金が欲しくなったタイミングでその都度出金をしていたら、出金手数料もばかにならない金額になります。ビットフライヤーの出金手数料は以下の通りです。

  3万円未満の出金 3万円以上の出金
三井住友銀行の場合 216円(税込) 432円(税込)
三井住友銀行以外の場合 540円(税込) 756円(税込)

手数料も若干安くなりますので、可能であれば出金用の口座は三井住友銀行のものにするといいですね。また、最後の方で他の取引所とも小々比較しますが、出金手数料は若干高めの設定になっています。

ビットフライヤーの出金スピード

もう一点気になる部分が、「出金の手続きをしてから実際に振り込まれるまでどれほどの時間がかかるんだ?」という出金スピードです。状況によっても多少ずれはありますが、おおよそ以下のタイミングで指定した口座に振り込まれます。

11時30分までの申請 当日着金
11時30以降の申請 翌営業日着金

11時30分までに申請をすれば当日中に着金されるようです。それを過ぎると翌日になります。一見遅いとも感じられるかもしれませんが、セキュリティの関係上承認作業が必要になるため、ある程度時間がかかってしまう部分は致し方ないかと思います。

出金スピードも他の取引所と比較しますが、結論を言うとビットフライヤーはこれでも結構早い方です。